部屋探し、物件探しのコツとポイント

大手不動産屋

数多くの支店があるような、大手不動産屋は紹介できる物件の数が豊富です。しかし会社の規模が大きいため契約(売上)に厳しく、やや強引な営業スタイルとなっています。
比較的店内も整っており、ネームバリューがあるという安心感から入りやすいのも特徴。直接大家さんとやり取りしているものと、別の不動産屋とやり取りしているもの(俗に業者物件と言う)とのいずれも扱っています。
デメリットとしては、一度入るとなかなか帰りにくい雰囲気にされる事。取り扱い物件数が多い反面、全ての情報を把握しているわけではないようです。
さらに大手は社員の出入りが激しいため、経験不足の社員が多いのも事実です。建物の様子や町の雰囲気を尋ねてみれば、担当者の経験・力量はなんとなく分かります。

FC加盟店

部屋 不動産

フランチャイズで看板を借りているところ(カタカナの社名に多い)は、有名な会社のFC加盟店で、店の名前の下あたりにもう1つ社名があったりします。
このタイプの不動産屋は大家さんと直接やり取りしているケースはほとんどなく、店頭で紹介してくれる情報は、白黒で印刷されていて書式が統一されていない、他の会社でも扱っている物件ばかり。ファイルを開いて、紙の下の方に○○不動産、○○商事と書いてあるものばかりが目に付くようなら、このタイプです。
大家さんを直接知らない事がほとんどであるため、『 子供はダメ 』などといったの基本的な条件の見落しが発生し、結果気にいったところであったとしても入居審査落ちしてしまうこともあります。
さらに、他の会社から紹介物件に関する情報をもらっているため、良い条件のものはなかなか回ってきませんし情報伝達のスピードが遅いです。また、大家さんや周辺環境について尋ねても聞き流されることが多いです。

■お役立ちサイト





■お役立ちサイト